ご支援先

  • 一般社団法人 こどもの笑顔弁当

    私たちは、ひとり親家庭の皆様がお子様との時間を少しでも増やして頂くために立ち上がった、ひとり親家庭のサポートチームです。ただお弁当を届けるだけではなく、僕たちがいつも近くにいるよ!何かあったら相談してね!というコミュニケーションを図ることで、各家庭の親御さんやお子さんの気持ちが少しでも楽になり、明るい明日への原動力となるように動いていきたいと思います。様々な皆様のご協力を得て、日本中に活動を広めてまいりたいと思います。

    web link

    助成内容

    ひとり親家庭へのお弁当の配達活動運営費

  • Paralym Art

    障がい者がアートで夢を叶える世界を作るパラリンアートは障がい者アーティストとひとつのチームになり、社会保障費に依存せず、民間企業・個人の継続協力で障がい者⽀援を継続できる社会貢献型事業を⾏います。

    web link

    助成内容

    新しいアートイベント “Innovation AWARD 2022” 開催運営費用

  • 特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン

    「必要な人々に、必要な支援を」を合言葉に、国内外を問わずあらゆる社会問題に取り組んでいます。これまで世界34カ国で社会課題の最前線に立ち、その解決に全力で挑戦し続けています。「海外人道支援」、「災害支援」、「保護犬事業」「地域再生事業」の4つのアプローチで社会課題解決に向けて活動しています。

    web link

    助成内容

    「へき地医療+災害医療」による新しい医療支援提供のモデルづくり運営費用

  • 認定NPO法人スマイルオブキッズ

    「愛する子ども達のために」という理念のもと、病気や障害のあるお子さんとそのご家族の方々のサポートを行っています。主に患者・家族滞在施設「リラのいえ」の運営、きょうだい児保育、重症心身障がい児への音楽支援活動などを行っています。子どもたちが心安らぐ場所、時間を提供し続けることで、多くの子どもたち、家族を笑顔にしています。

    web link

    助成内容

    患者・家族滞在施設「リラのいえ」運営維持費用

  • 特定非営利活動法人 子ども未来プロジェクトアローズ

    スポーツを通じて子どもたちと接していく中で、子どもたち自らが好きになって始めたスポーツを嫌いになってしまう現状を知りました。私たちは子どもたちの夢をとにかくサポートしたい、まだ気づいていない自分の可能性に気づいてほしい、という思いがあります。子どもたちの夢や可能性の広がりを支援するべく、活動を続けて参ります。

    web link

    助成内容

    「スポーツの学校」運営費用

  • 認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会

    私たちは、寄付・社会的投資が進む社会の実現を目指して活動しています。民間非営利組織のファンドレイジングに関わる人々、寄付など社会貢献に関心のある人々のためのNPOとして、子供向けの社会貢献教育、遺贈寄付の推進、寄付白書の発行などに取り組んでいます。今回のプロジェクトで、日本の寄付教育・社会貢献教育を大学で前進させるべく活動を続けて参ります。

    web link

    助成内容

    「大学生の社会課題解決能力をLearning by Givingで高めるプロジェクト」運営費用

  • 一般社団法人 日本承継寄付協会

    遺贈寄付とは相続財産の一部を亡くなった後に寄付する方法で、人生で使わなかったお金を自分らしく未来に届ける方法です。しかしながら認知度の低さやお金持ちがするものという誤解、専門家や知見の不足、インセンティブの不在などからなかなか広がっていません。当団体の活動を通して遺贈寄付の文化を広め、寄付文化の醸成するべく、活動して参ります。

    web link

    助成内容

    遺贈寄付を伴う遺言書作成助成及び支援事業運営費用

  • 特定非営利活動法人 ドットジェイピー

    株主資本主義の限界が叫ばれている昨今、「ポスト資本主義」を検討し、得られた政策アイデアを社会実装するためには、多様な活動主体が共通ビジョンを描き、対等に智慧を出し合う共創プラットフォームが必要となります。共創プラットフォームとしてNPO法人ドットジェイピーが事務局となり、中堅・若手議員、民間経営者たちによる政策研究回を開催し、ポスト資本主義に向けて挑戦的に活動してまいります。

    web link

    助成内容

    ポスト資本主義のための制作共創研究会事業運営費用

  • 森ビル株式会社 文化事業部 森美術館

    私たちは最も重要なコンセプトを「文化都心」と位置づけております。「文化は都市の磁力である」という信念を携え、この美術館を開館いたしました。アーティスト・コレクティブ「Chim↑Pom」は独創的なアイデアと卓越した行動力で、現代社会の事象や諸問題に対するメッセージ性の強い、ユーモアや皮肉の効いた作品を手掛けて来ました。これらの示唆に富む課題提起を、創意工夫に飛んだダイナミックな展示構成により、新たな光を当てることを試みます。

    web link

    助成内容

    Chim↑Pom展:ハッピースプリング運営費用

  • 特定非営利活動法人 オン・ザ・ロード

    「世界中の逆境に立つ子ども・若者たいが夢を叶えられる世界を」当事業では、開発途上国の児童・青少年が、自身の未来を描き実現していくための、キャリア教育を提供しています。参加者の就職や自立を支援するだけでなく、卒業後、将来的に講師として開発途上国の児童・青少年の教育に貢献する循環型の教育システムの構築を目指しています。

    web link

    助成内容

    ワールドドリームスクール運営費

  • 一般社団法人 WOMEN ORCHESTRA JAPAN

    WOMEN ORCHESTRA JAPANは女性音楽家で構成されるオーケストラを結成し、児童養護施設の子どもたちへと音楽を届けています。児童養護施設では「美術館に行く」「コンサートを聞く」など、音楽との関わり方が受動的になってしまいがちです。WOMEN ORCHESTRA JAPANとともに音楽を学び、コンサートを一緒に創り上げることで、「本物」に触れられる機械を提供します。また同時に女性音楽家の活躍の場を広げることにもなります。

    web link

    助成内容

    WOMEN ORCHESTRA JAPANコンサート運営費

  • 特定非営利活動法人 サンカクシャ

    サンカクシャは「親に家を出ていけと言われた」「仕事がなくなって住まいがない」、そんな若者の居場所を提供する活動を行っています。現在2箇所の居場所、2箇所のシェアハウス、仕事探しのプログラムなどを提供しています。コロナの影響や、若者のニーズが高まっていることから、活動の規模は拡大しており、これから益々多くの方からの支援が必要となります。

    web link

    助成内容

    サンカクシャウェブサイト改修費用

  • Duang Prateep Foundation

    当財団では、自身もスラムで生まれ育ちながら、その後数々の賞を受賞されたプラティープ代表の下、15のプログラムを継続的に行っています。そのどれもがバンコク近郊に1800以上あると言われるスラムに居住する孤児や劣悪な環境に居る子どもたちに、衛生的な水や食料、教育の機会を与え、社会的な自立を目指すものになります。

    web link

    助成内容

    生き直し学校プロジェクト運営費用

  • VOICELESS ORPHAN TASKFORCE UGANDA(VOTU)

    VOTUは国際交流、国際支援を通して、世界の人と人が相互理解し、助け合いの場を提供することにより、人と人を結ぶ架け橋となることを目標としています。自給自足の教育を通じて、女性、子ども、若者などの阻害されたグループを支援、また、HIV・AIDSとともに生きる人のためのカウンセリングと緩和ケア拡大したいと考えています。

    web link

    助成内容

    VOTU活動運営費

  • 一般社団法人 脳フェス実行委員会

    脳卒中は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称です。国民病とも言うべき脳卒中は、要介護の原因疾患一位という、「被保険者」となる割合が非常に高い疾患であるという特徴があります。若年者は病前と現在とのギャップに苦しみ、身体機能の低会場に閉じこもりとなってしまいます。こうした問題を解決するべく、脳卒中当事者と医療職者で構成される当社団が、様々な手法を用いて活動しています。

    web link

    助成内容

    「脳フェス」開催費用

  • 認定NPO法人 テラ・ルネッサンス

    ウガンダ北部にて、子供時代に誘拐され、村々に帰還した元子ども兵は、心身ともに傷を負っているだけでなく、一般社会で生計を立てるための手段や、就業に必要な技術や知識が乏しく、社会復帰が困難な状況にあります。このような問題を解決するべく、テラ・ルネッサンスでは社会復帰を可能とする教育や心のケアを行っています。

    web link

    助成内容

    テラ・ルネッサンス:ウガンダ事業運営費

  • 認定NPO法人 DxP

    当団体では、LINE(名称:ユキサキチャット)を使い、全国の貧困など経済的に困窮している若者の目の前の生活基盤を整え、相談者が次の一歩にすすめるように継続して関わっていきます。また地域のリソースとつないでいくことで若者の孤立を防いでいます。新型コロナウイルス感染症の影響で職を失ったり、内定の取り消しを受けるなど、生活が逼迫している若者が増えている現状ですが、当団体が1人でも多くの若者に手を差し伸べられるよう、活動を続けてまいります

    web link

    助成内容

    DxP事業運営費

  • 一般社団法人 人生はドキドキとワクワクでできている

    現在日本では、7人に1人の子どもが相対的貧困家庭で暮らしています。どんな子どもも毎日安心してご飯を食べられる社会を作るため、飲食店による子ども食堂プロジェクト「夢食堂」を立ち上げました。2022 年には、夢食堂を500店舗に拡大させるため、より一層活動に邁進してまいります。

    web link

    助成内容

    夢食堂プロジェクト拡大運営費用

  • 一般社団法人 ニューワールドアワーズスポーツ救命協会

    当団体は行政が行う、社会に必要な啓発・啓蒙に協力をする市民団体で、国が取り組む防災、厚生労働省の救命の啓発活動に協力を行っています。代表理事を務めるプロレスラー蝶野正洋を中心に、スポーツに他図悪方に旗振り役となってもらい、日々進化する社会のガイドラインをすべての人に伝える、啓発することを目的としており、命に関わる救急救命の大切さ、また救急救命をきっかけに、自然災害の防災減災、次女と共助の普及啓発も行っています。

    web link

    助成内容

    ニューワールドアワーズスポーツ救命協会イベント運営費

  • 特定非営利活動法人 元気になろう福島

    東日本から11年が経過し、福島県でも一歩ずつ復興に向けた歩みを勧めています。越した地域での取り組みは、福島県内のみならず、多くの地域に追いて課題解決やまちづくりの参考になるものと捉えています。本事業では、福島の現状を伝えるとともに、福島から震災の教訓や地域課題解決の事例を学ぶことで、福島の伝承と福島発の地域課題解決が全国に広がっていくことを、目指します。

    web link

    助成内容

    福島伝承「ランニングジャーニー」運営費